コインチェックが新規口座開設、一部の仮想通貨の入金・購入を再開

0
4

コインチェックは、新規口座開設、一部の仮想通貨の入金・購入を再開したことを発表しました。

同社は、不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金が2018年1月26日に発生したことを受け、サービスを部分的に停止。外部専門家による協力により、2018年2月に日本円の出金、2018年3月から6月にかけて仮想通貨の出金・売却を順次再開していました。

今回、「新規口座開設」と「一部仮想通貨の入金・購入」を再開する準備が整ったことから、2018年10月30日よりサービスを再開しました。仮想通貨の入金はBTC、ETC、LTC、BCH、仮想通貨の購入はETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっておりません)を対象にしています。

また、再開に伴い、入金の際は入金アドレスを再発行する必要があります。「コインを受け取る」画面より「アドレスを作成」を選択することで、新しく入金アドレスを発行できるとのこと。 旧入金アドレス、もしくは異なる仮想通貨の入金アドレスに送金した場合、残高への反映や仮想通貨の返還が行われません。

なお、現在停止中の仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)、レバレッジ新規建取引、アフィリエイト、日本円コンビニ入金、日本円クイック入金(Pay-easy)、Coincheck Payment、Coincheckでんきも準備が整い次第、順次再開するとのことです。