エイベックス、ブロックチェーン、AIなどの領域で音楽の未来をデザインするオープンイノベーションプロジェクト「Future of Music」公開

0
162

エイベックスは、ブロックチェーン、XR(AR、VR etc)、AIなどの領域で音楽の未来をつくっていくためのオープンイノベーションプロジェクト「Future of Music」を公開しました。

Future of Music」は、世界中のスタートアップとともに音楽体験の未来をデザインしていくオープンイノベーションプロジェクトです。これまで進めてきた米国アクセラレーター(起業家支援プログラム)のTechstars Musicへのメンバー参画や、海外のスタートアップへの投資・協業の動きをより一層体系化し、力強く推進するためのものとなります。

プロジェクトは、「Future of Music Investment」と「Future of Music Business Development」という2つのチームで構成。ロサンゼルスをベースとした現地子会社のAvex USA Inc.による「Future of Music Investment」チームは、音楽イノベーションの中心地のエコシステムで活躍する先鋭的なスタートアップへの出資・サポートを行います。

東京をベースとしたエイベックスの「Future of Music Business Development」チームは、日本やアジアでのローカルパートナーとして活動。投資先との協業を通して、ジョイントベンチャーやマーケティングアライアンス、自社ビジネスへの導入など新しい価値創造と新規事業創出を行います。

投資・協業の対象は、Pre-Seed~Early stageの世界中のスタートアップ。投資金額(1件あたり)は~$1Mとなります。XR(AR、VR etc)、AI、ブロックチェーン、音響・映像技術、新しいライヴ体験、ファンコミュニケーションといった未来の音楽体験を共に開発できる可能性のあるものが対象とのことです。

主な出資先・パートナーは、ドイツ・ベルリン発のヒーリング音自動生成アプリ「Endel」、携帯音楽プレイヤー「Mighty」、VRプラットフォーム「TheWaveVR」、音楽特化のプログラム「Techstars Music」、音楽テック特化のベンチャーキャピタル「Plus 8 Equity Partners」となっています。