イーサリアムを取引できるDEX(分散型取引所)を5つ紹介

0
4

ビットフライヤーなどの中央集権的な取引所とは異なる、P2P取引を実現するDEX(分散型取引所)のうち、今回はイーサリアムを取引することのできるDEXについて紹介します。

Etherdelta

イーサリアムをベースとした初のDEX

イーサリアムのプラットフォームを使ったものの中ではかなり有名なDEXとなっており、イーサリアム上で構築されたトークンが一番最初に上場することが多い取引所となっており、イーサリアム上で構築されているトークンの上場数が多いです。取引はイーサデルタ独自のトークンEDTを使います。

デメリットとしては入出金、取引等すべてイーサリアムのプラットフォーム上で処理するため遅延が起きたり、手数料が高くついてしまったり等があります。

0x

注文をオフチェーンで処理するため取引手数料や遅延等の問題を対策したDEX

上記のイーサデルタの問題点を注文をオフチェーンで処理することにより解消したDEXとなっています。

注文をオフチェーンにし、決済のみをイーサリアム上で行うことで、ブロックチェーン上にかかる負荷を減らし素早い取引、安い手数料を実現しています。

そしてオーダーブックの管理も特徴的でリレイヤーと呼ばれる、有志の仲裁役を立てることで取引の正当性を担保します。

このときリレイヤーの手数料はリレイヤー自身で決めるため、長期的には安くなることが予想されますが、取引量が少ない今は高くつくかもしれません。

Kyber Network

イーサリアム開発者がアドバイザー、決済API機能付き

Kyber Networkでは、決済APIを用いることでICOなどでETH以外の通貨でも支払いたい時に、APIを連携して取引をすることで自動的にその他の通貨に交換し、ICOに参加することができます。

これにより通貨交換の手間や時間をかけることなく、その他のコイン建てで取引をすることができるようになり、DEXの取引通貨ペアの少ない問題を解消しています。

AirSwap

オーダーブックを作成しない、オフチェーンでマッチング・オンチェーンで決済

従来のオーダーブックは提供せず、Oracle(オラクル)と呼ばれるトークン価格適正化ツールや取引相手の検索機能を持つAirSwap Indexを搭載して、オフチェーンでマッチング、イーサリアムのブロックチェーン上で決済となっています。

0xと異なる点は価格適正化ツールがあるため、個人間のマッチングが自動的に行うことができます。

Waves

独自の仮想通貨を発行、マルチゲートウェイ機能

トークン発行費用1WAVESを払うことで維持費をかけずに独自のト―クンを発行することができます。

またマルチゲートウェイ機能によりユーロや米ドルなどの法定通貨を市場に取り込むことができます。

また同じようにビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ジーキャッシュも取り込むことができるため、かなり広い通貨を取引することができます。

これによりDEXの問題点の1である取引通貨ペアの少ない問題を解決することができます。

まとめ

DEXの中でもイーサリアムのプラットフォームを用いたものは、数多く存在するためDEXの中ではかなり進んでいる領域と言えます。

またマルチゲートウェイ機能のないものでも同様にイーサリアムのプラットフォーム上で構築されているトークンに関しては同様に取引することができるため、その他の通貨を用いかDEXに比べると取引することのできる種類が多いことが特徴となっています。

とはいえ進んでいる領域ではありますが、取引量の問題や通貨ペアの問題などはまだ存在するため、この点はこれから改善していく必要がありそうです。