インフィニト・ウォレット、暗号資産取引所「バイナンス」と技術連携によりサービスを統合

0
117

インフィニト・ウォレットは、暗号資産取引所「バイナンス(Binance)」と技術連携し、ウォレットを通じてBNBコインとバイナンスDEXを利用できるようサービスを統合したことを発表しました。

バイナンスがBNBのブロックチェーンを支えるフルノード基盤と、インフィニトが提供する技術基盤を用いてサービス間の連携を実現。今回の技術提供により、新しいブロックチェーン「バイナンスチェーン(Binance Chain、以下BNB)」、その上で取り扱われる資産BNBコイン、新取引所サービス「バイナンスDEX」がインフィニト・ウォレットに統合され、これらのBNBサービスを実装する世界初のウォレットになります。

インフィニト・ウォレットが提供する「アプリスクエア」は、イーサリアム、イオス(EOS)、オントロジー(ONTology)、バイナンスのBNBを含む4つの主要なブロックチェーンをサポートする分散型アプリブラウザです。ユーザーは近日中に、ウォレット内の分散型アプリ(DApps、ダップス)へのアクセス機能「アプリスクエア」を通じて、バイナンスの提供する分散型技術を用いた新たな取引所サービスにアクセスできるようになります。このサービスと新たなブロックチェーンBNBを通じて、暗号資産取引ができるようになるとのことです。

バイナンスDEXをアプリスクエア経由で利用することで、取引所でユーザーの分散型ウォレットの暗号資産アドレスがそのまま使用できるようになります。ユーザーは重要な鍵情報が中央管理されていない分散型ウォレットを利用し、秘密鍵を自身で安全に管理できるため、中央集権型の取引所で発生しているハッキングの危険性が減少するとのことです。