これからの取引所?DEX(分散型取引所)とは何か?

0
3

国内ではbitFlyerやbitbankなどの仮想通貨取引所が現在ではメジャーですが、このような取引所は中央集権型取引所と呼ばれ、その逆の立場となる分散型取引所(DEX)に注目が集まっています。今回はDEXとは何なのか、どのようなメリットがあるのかについて紹介します。

仮想通貨取引所は法定通貨と仮想通貨、仮想通貨と仮想通貨を交換する、現状の仮想通貨の世界では無くてはならない存在ですが、中央管理者の存在する仮想通貨取引所は、元々のナカモトサトシの論文では想定されていなかった存在です。

多くの人が資産を預けて取引をしている仮想通貨取引所は、現状では公的な存在ではなく、民間企業が運営するもので、多くの資産を預かっているという点で、その会社の経営リスク、ハッキングリスクなどがあります。一方、大きな利便性を提供していると言えます。現在日本では取引所は仮想通貨交換業者としての登録が必要となり、金融庁による管理がされる方向ですが、自分の資産を守るのは最終的には自分だけというのは変わらないため、こうした分散型取引所についても検討をしてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨、取引所のリスクから身を守る方法とは? 分散型取引所やウォレットを賢く使おう

DEX(分散型取引所)の概要

DEXとは非中央集権取引所を意味するDecentralized EXchangeの頭文字を取ったもので、中央集権的な取引所ではなく広く分散された取引環境を繋ぐ役割を果たすものとなっています。

DEXの特徴は特定の取引管理者が存在せずブロックチェーン上で自律的な運営がされている取引所です。イーサリアムのプラットフォーム上で管理されるものが現在では多いです。

通常の取引所と違う点としては、取引に使う秘密鍵をユーザー自身が管理する点があります。管理者を挟まないことにより、取引所の破綻やハッキングの影響を受けない、トラストレスなトレード環境を構築できることから注目が集まっています。

DEX(分散型取引所)のメリットとは?

P2P取引による取引の安全性の担保

概要で少し述べましたが、中央管理者が存在しないことから取引所の破綻やハッキングによる流出被害の影響を受けにくい点があります。

過去に2018年初にコインチェックのNEM流出事件や2014年のマウントゴックス事件があったことから、ユーザー自身が秘密鍵を管理しP2Pで取引をすることの必要性への認識が高まってきています。DEXはそれを解決する技術となっています。

長期的には手数料は安くなる?

中央集権的な取引所ではハッキングリスクを回避するために多くの人員を割きセキュリティを高めるため、その人件費を取引手数料で賄う必要があり多くの手数料を取る必要がありますが、ハッキングリスクが低いDEXでは長期的に見た時に手数料が低くなっていく方向にいくと言えます。

現在のDEX(分散型取引所)の問題点とは?

流動性が低い

現状では中央管理者の存在する取引所がメジャーなために、通貨の取引量の観点で見ると少なく、取引所としては発展途上な状態となっています。

流動性が低いことで自分が売ろうと思ったタイミングで売ることが出来なかったり、取引が成立しても価格が滑ってしまうなど、流動性が低いことは取引上問題と言えます。

現在は手数料が高い

先ほど長期的には手数料が下がる可能性について言及したのですが、現在の環境では仮想通貨の入出金、取引すべての処理において、ブロックチェーンに取引を記録するため、ブロックチェーン上に大きな負荷がかかり高い手数料を払う必要があります。

取引通貨ペアが少ない

中央集権的な取引所の基軸通貨はBTCや法定通貨など基軸通貨を幅広く持つことができますが、DEXではプラットフォーム上の独自の通貨建てとなっており、通常の取引所に比べて取引する通貨のペアが少ない状態となっています。現在これについてはトークン同士の取引を可能にする方向に動いています。

同じイーサリアムプラットフォームで構築されている通貨を取引することはできますが、別のプラットフォームの通貨をP2Pで取引することができない取引所が多いです。

まとめ

仮想通貨の取引量が増えるにつれ中央集権的な取引所ではハッキングリスク、破綻リスクなど問題が大きくなりますが、それに対してDEXはそのようなリスクは比較的小さくすることができるため、現在注目されている技術となっています。

しかしながら、DEXには問題点もあり、実用化され主流になるには克服するべき問題はまだまだあると言えます。

手数料については取引をオフチェーンで処理して残金の変化のみブロックチェーンに転記するLN(ライトニングネットワーク)技術なども注目されており、これにより克服されていくかもしれません。

また通貨ペアについても現在対策されているところなので、今後改善に向かっていく可能性は高いです。

これらの問題が克服されれば自然に取引量は増えていくと予想されるので流動性の問題も前の2つが改善すれば克服されると言えます。

現状問題を抱えてはいますが、今後の取引環境を作るものとなりそうなので今後も注目に値する技術と言えます。