「リアルおつり投資」プロジェクト、金融庁のFinTech実証実験ハブ支援案件に採用

0
6

セブン銀行、GMOペイメントゲートウェイ、ポケットチェンジ、TORANOTECの4社は、買い物で生じたおつりやポケットの中の小銭を簡単に投資に回す「リアルおつり投資」プロジェクトが、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件として採択されたことを発表しました。

「リアルおつり投資」は、買い物で実際に生じたおつりやポケットの中の小銭をそのまま投入できる機械「おつり投入ボックス」に投入することで投資できるプロジェクトです。実験では、投資アプリ「トラノコ」ユーザーに向けておつり投入ボックスを試験設置。ユーザーはおつり投入ボックスでQRコードによるユーザー認証を行い、手元のおつりや小銭を投入した後、トラノコアプリ内で投入金額を確認・承認することで簡単に投資を行うことができます。

おつり投入ボックスの開発をポケットチェンジ、おつり投入ボックスの管理・運営等をセブン銀行、おつり投入ボックスに投入したおつり・小銭データの管理・送金をGMO-PG、投入したおつり・小銭の運用等をTORANOTEC投信投資顧問が担当します。

実施期間は、2019年2月~4月を予定。おつり投入ボックスは、丸の内センタービルディング1階(東京都千代田区丸の内一丁目6番1号)他に設置予定です。

4社は今回の実証実験を通じて、日本の潜在投資家に新しい形で少額投資の機会を提供し、生活に投資を根付かせることを目指すとのこと。今後、様々なシーンでの活用が期待できる新たな投資手段、資金移動手段の検証を行っていきます。